普段なかなか連絡をとれない人たちと少しでもこっちの生活や体験をシェアできたら・・・というコンセプトで書いているブログです。


by aya-kaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

アッサラームアレイコム☆
モロッコってどこにあるか知ってますかー?
そう!!!アフリカ大陸の左上です♪
マドリから飛行機で2時間弱でいけちゃう一番近いアフリカ。

一緒にマンションに住んでるアマリリス&ラファエル&アマリリス母(←ブラジルから遊び来てるの)がモロッコ旅行誘ってくれたので、せっかくなので、連れて行ってもらうことにしましたー☆”
友達も誘いなよーってゆってくれたので、えみ&まなみも一緒に6人で行ってきました!

土日&月火学校休んで、4日間行ってたんだけど、・・・4日で十分!って感じだったな笑
モロッコは一言で表すと、THE カオス!!!!
カオスってゆう単語はこういう状況を説明するためにあるんだなあと思いました笑

今回はカサブランカ、フェス、マラケシュっていう3都市に行ったけど、
どこにも共通して言えること・・・

まず、片道3車線の道路(計6本)の交差点にまず信号がない。
そして、横断歩道もない。
そこを気合いで渡るのだぁーーー!!!
きゃぁきゃぁ言いながらみんなで渡りましたともw
わたってる様子、ビデオにも収めましたw
ベンツとか、日本製の車とか、かっちょいーのが走ってる!
と思うと、その後ろには、交通公園においてある廃棄になったバスみたいのが実際にススで真っ黒になったまま公共交通として走ってたり、と思うと、ベンツの前にのろのろロバが台車ひいて走ってたり・・・


フェスで、「1日ガイド15ユーロで雇いませんか?」って道で英語&すぺ語話せるおじさんに聞かれて、けっこーガイド雇ってまわるの普通らしいから案内してもらうことに。
よく値段後でごまかされるって聞いてたから「6人で1日15ユーロね?」って何度も念押して、スタート☆
モロッコはイスラムの人が多いから、いたるところにモスクがあるのね。だからモスク案内してもらったり、メディナって呼ばれる、塀に囲まれた地区案内してもらいました。

メディナの中は小道がうねうね張り巡らされてて、小さなお店がたくさんあるの。
上野のアメ横のもっとせまくて、ごっちゃごちゃしてるバージョンって思ってくれたらいいかな?
そこをガイドについて、小さなお店もだけど、繊維工場、パン工場、オリーブ加工の工場、革の染色工場なんかも見て回りました。
そのガイドのおじさん、お昼食べるところまでちゃんと連れて行ってくれて、本当にパックツアーみたいによくしてくれたんだけど、お昼食べ終わったところで、お金の話に・・・
「あとででもいいけど、今日全員で20ユーロお願いしますね」って。
「え?さっき15って何度も確認したよね・・・?」ってみんなで言ったら
「私最初1人分で3ユーロていいましたよね?てことは6人で18ユーロじゃないかぁ」って言われ・・・
≪≪いや、最初15、今さっき20、そして今18!?話違うやーん。適当やーん!!!≫≫
・・・ってゆうガッカリ感に襲われました。。。
別にお金そんなに高くないし、すごい良くしてもらったから、みんなで20払おうかってその前に話してたんだけど、くれくれ!!って言われると一気にあげる気なくなるし、さみしくなった。。
一気にそこでテンションおちて、お昼のあとはあんまり楽しくなくなっちゃった。。。

メディナ内の道歩いてるとき、仕事中で、重そうなもの運んでる子供とすれ違ったり、
繊維工場で8歳くらいの子が糸紡いでたり、道で子供がぞろぞろついてきてお金ちょうだい!って手広げて出してきたり・・・色々考えさせられた。

買い物する時も、観光客は10倍くらいの値段ふっかけられるから、値切ったり(←これはおもしろかった!!)でも、タクシー3ユーロくらいで済むところ、3倍とられたり・・・

かと思うと、すごい高級住宅街みたいなところもあって、
ZARAとかマックとかふつーにお店やレストランがいっぱいあるところもあって、
階級社会を目の当たりにした。。

にしても、お金!お金!!な世界だった気がする。。。
考えてみたら初めての第三世界だったから、色々とショックは大きかったデス(´~`

夜中電車で4時間移動だったんだけど、暖房ついてなくて、隙間風めっちゃ寒いし、
1泊目のホテルが窓がしっかりしまってなくて、なのに暖房つかない&お湯でないとか、
すごい体臭がする方々とのバス移動(車内泊)とかもあり、すっごい疲れたけど、
もちろんとってもとっても楽しいかったよ!!!

アマリリスのママ、アイレスが、すっごい明るくてひょうきんな人で、どこ行っても誰とでもお友達になっちゃうの!(しかもAB型!笑)
飛行機のフライトアテンダントともくっちゃべって、待ってたうちら全員最後に飛行機降りたほど。笑
でも、そんなアイレスさん、人当りもよくて、話もうまいから、ぼったくろうとしてきたガイドに「実はあたしもブラジルでガイドしてたことあってね…あなたが連れてったお店で私たちが買い物したらあなたも報酬貰えるんでしょ?こんなに買ったんだから15で手打たない?」って話つけたらしく、喧嘩もなく15ユーロで平和に落ち着きました!
ちなみに全部真っ赤なウソだそうです笑
なんで、私たちが買い物するとお金もらえるって知ってたかっていうと、私たちが買い物した繊維工場で、アラビア語でお店の人となんか言い争ってて、そのあとお金受け取ってるとこ見たらしい…笑
50歳でスタイル抜群、ノリは20代なスーパーテンション高いママに万歳★
そして、ラファエル&アマリリスともっともっと仲良くなれて、すごいうれしかった^∀^

いつもにまして、まとまりのない文章だけど、少しでも様子わかってくれたらうれしいです・・・
あとは写真で♡

Mosque in Casa Blanca
e0034772_3405662.jpg

In a super old public bus
e0034772_3424610.jpg

Clean part of the city
e0034772_3441441.jpg

In Madina, where all the smalls shops are
e0034772_3462955.jpg

On the street, you can buy living chickens and rabbits!!
e0034772_3474848.jpg

Donkies working
e0034772_349194.jpg

Lether shop
e0034772_351999.jpg

View from the Lether shop...here they dry and color lethers
e0034772_3524185.jpg

We traveled by camelots!! lol
e0034772_3541693.jpg

e0034772_3542738.jpg

Sunset
e0034772_35586.jpg

No mini skirt??
e0034772_60155.jpg

[PR]
by aya-kaori | 2009-01-18 02:50

列車の旅~おふらんす

遅くなりましたが・・・
新年あけまして、おめでとうございます♪
今年も仲良くしてください!よろしくお願いします(^∀^

新年の挨拶もそこそこに、いったい1週間なにをしていたかというと・・・
元旦早々、きららといざ列車の旅へ!!!

彼女がスイスからサラマンカまではるばる電車でクリスマスとお正月のために来てくれて、
帰りも電車で・・・でもフランスよっていこーかな?というので、ついていくことにしました。

     ****旅程*************************************

     電車の関係でバルセロナ1泊(ほとんど観光せず)
                    ↓
                マルセイユ1泊
                    ↓
                  リヨン2泊

     ********************************************

もともとフランス語とフランスという国自体にあまり興味がなかったので、おとなりの国だし、ちょびっとでも好きになれたらいーな♡と思って行ったんだけど・・・
すっごいよかったのっ♪♪♪

マルセイユの人の陽気さ!キラキラの港!丘の上の教会から見える一面赤い屋根の家並み!
(きららちゃん、行くとこ行くとこで、フランス人にいじられてました笑)
リヨンのセーヌ川、ローヌ川沿いの建物!丘の上の教会!歴史的建築物とモダンさを兼ね備えたおしゃれな町!!!!

マルセイユは1日しか観光できなかったけど、彩香のお気に入りシティに殿堂入り☆
将来すてきなダーリンと(できればだけどってゆうのはおいといてw)ハネムーンで来れたらおしゃれだよねー♪ってきららと妄想をふくらませつつ・・・

リヨンは、サラマンカでなおこから寮のカギを受取り、手書きの地図をもとに探していって、きららと2泊させてもらいましたー!さすがフランス第3の街、地下鉄でどこでも行けるし、わかりやすい!

とりあえず、写真を見てくださいな☆”

そうそう、列車の旅、1日かかって、バルセロナからマルセイユまで移動したりして、時間はかかったものの、すごい快適&たのしかった!
ずっと読みたかった、日本にいるときからきららに借りてた本読めたし、景色は見てて飽きないし、何よりいろんな話ができたから(^ー^

お互いの家族のことー
お互いAFSで同期で留学してたから、高校留学と大学留学の求められてるものの違いー
将来のことー
ナドナド・・・ひとりでぼーっと考える時間もあったし、今回の旅行はそういう意味で自分の留学とか人生について考える良いきっかけでもあったなぁ

ただ、電車の乗り場がわからなくなって発車ギリギリに駆け込んだり、
電車の切符が、乗継先の駅でしか買えないなんてこともあったから、
はたして本当につけるのか!?って心配になったり、
しかもフランス語圏に入ってからは、全くちんぷんかんぷんできららの金魚のフンで・・・
結局思ったこと。
・・・・・あたし、一人旅ぜったいムリ!!!!!
バックパッカーとか憧れるけど、先が見えない旅行は(しかも言葉が通じないとなおさら)恐怖の対象、ってことに気付きました。。。

でもさ、不思議だよねー国境って目に見えないのに、そこを超えた瞬間に駅の表示も、駅員さんの話す言葉も、がらって変わる。
国境が目にみえた気がした。
スペイン語圏にいるときはあたし頑張らなきゃ!!って張りつめてたものが、フランス語圏にいったら不安にかわって・・・
(きららはわかってるからついていけば間違いないんだけど、自分でカウンター越しに話聞いてても入ってくる情報ゼロってのは久しぶりの体験だし…)
そしたら、とってもスペインが恋しくなって、スペイン語はなしたい!って何度も思った。

帰りは飛行機だったんだけど、この日きららちゃん熱でダウンして、一人でリヨンの街をぐるぐるお散歩。道でジェスチャーでサンドイッチかって、川沿いあるきながら食べたりして、一人旅ってこんな感じなのかなーってちょっと妄想。夕方にはひとりで地下鉄とバスを乗り継いで、空港へ。
リヨンからマドリ行きの乗った瞬間、すべてがスペイン語でほっとしたー
あんなにはじめ怖かったマドリも、地下鉄全然平気だったし、AFSスペインの事務所さがしのために、知らない駅でおりて、地図みながらぐるぐる歩きまわっても平気だったぁー
結局地図が間違ってたのか、見つけられず、バスの時間もあったから帰らざるを得なかったけど><。

今回行って、スペイン語のそれなりの上達ぶりも実感できたし、
今後、帰ってからの授業、卒論の題材、就職なんかについても考えられたし、
すごい良い『旅』だったと思う。
本当の『旅!』はバックパッカーとか、波瀾万丈なかんじなんだろうけど、
あたしの人生の中では今回のが一番『旅』だったかな・・・
好奇心はあっても、それに伴う勇気とか精神力が足りないと一人旅は実現しないんだ、ってことを悟りました・・・一人旅好き!って人、まぢ尊敬!!!

view from the train window- it's medditeranian ocean!!
e0034772_21364513.jpg


Marseille
e0034772_213808.jpg

e0034772_21384529.jpg

e0034772_21392750.jpg

e0034772_21401223.jpg

e0034772_21415251.jpg


Lyon
e0034772_2143942.jpg

e0034772_21471818.jpg

e0034772_21451987.jpg

e0034772_21501764.jpg

[PR]
by aya-kaori | 2009-01-06 19:01